What's new

毎年秋に2日間開催される専門医講習会「日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会秋季大会」開催レポート

「第35回 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会秋季大会」が、2021年11月20日(土)・21日(日)の2日間、パシフィコ横浜 会議センターにて開催されました。

この大会は現地開催と会期後のWEB開催(現地での講習会を収録しオンデマンド配信)でのハイブリッド形式で運営され、最終的な参加登録者数は3,798人(現地参加者1,031人、オンライン参加者2,767人)と盛況に開催されました。

基礎的な講習はもちろん、時代に合わせた講習内容を作成し実施

「第35回 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会秋季大会」は、「専門医講習会」「専攻医講習会」「補聴器相談医講習会」「臨床医会セッション」の4つのプログラムで構成された大規模な講習会です。 2日間を通して多くの講習がおこなわれ、基礎的な内容はもちろんのこと、コロナ時代の耳鼻咽喉科診療の対応など、今の医療現場で求められている講習も設けられました。

毎年、開催形式や講習内容を時事の変動に合わせて工夫し、臨床現場の最前線に活かせる講習の場を提供しています。

講習は会期後にオンデマンド配信。WEB参加でも単位取得が可能の環境を提供

昨今の感染状況により、現地参加が難しい参加者の状況も踏まえ、実際に機器などを扱う実習型の実技講習以外はWEB参加でも学会の定める単位が取得できるように構築されました。

WEB参加の場合であれば、いつでも、どこにいても、講習に参加できる利便性があります。一部の講習では、視聴後の設問への正答を以て単位が取得できる仕組みも使って運営されました。

WEB開催は12月3日から31日までおこなわれました。

出展者の満足度を高めるために主催者としての工夫

開催準備中は、刻々と変化する感染状況によって出展企業との調整事項が多数ありました。

そのような状況下でも出展を決断した企業に有意義な時間を提供するために講習会ホームページ上にバナーを貼ったり、講演会場でも、機器展示を紹介するスライド上映をおこない、参加者が機器展示にも関心を持つよう工夫をしました。

[後記]

「第35回 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会秋季大会」は、横浜観光コンベンション・ビューローが「安全・安心な横浜MICE開催支援助成金」制度を活用し、開催支援を行いました。

ハイブリッド開催の実施で主催側は負担や課題が増えてしまうため、当財団では、主催者の負担や経費が増加するという課題に対して、助成金を活用いただき、横浜での大会の開催を安心して行えるようさまざまな支援を行っております。

催事名称:第35回 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会秋季大会

会期:2021年11月20日(土)、21日 (日)

場所:パシフィコ横浜 会議センター

主催者名:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会

更新日時:03月31日13時03分