bgimg

横浜市は2018年に2050年までの脱炭素化「Zero Carbon Yokohama」をゴールとして掲げ、その実現に向け、市民・事業者等、あらゆる主体が世界を取り巻く危機意識を共有し、オール横浜での連携を進めています。

また、環境を軸に経済や文化・芸術による新たな価値・賑わいを創出し続ける都市の実現を目指しています。

横浜観光コンベンション・ビューローでは、市内で開催される国際会議やビジネスイベントの運営に際し、サステナビリティ推進を取り入れるさまざまな取り組みをご提案いたします。

YOKOHAMA
blue, green and much more in between

横浜は大都市でありながら、青と緑があり、あおい海に囲まれ、緑豊かで開放感のある空気を味わうことができます。