横浜観光コンベンション・ビューロー
公式サイト
教育旅行

Menu

閉じる

横浜観光コンベンション・ビューロー

1.令和3年度 教育旅行誘致促進事業助成金

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローでは、宿泊を伴う教育旅行(修学旅行・校外学習)を取り扱う、【旅行会社】に助成金を交付します。
なお、申請は先着順に受け付けいたします。定数に達し次第、終了いたします。

予算上限額に達したため、詳細については担当窓口までお問合せください。

対象
令和3年度内に小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校が学校行事として行う、宿泊を伴う教育旅行(修学旅行・校外学習)
条件
  • 令和3年度中に学校行事として行われる教育旅行であること。
  • 参加児童・生徒数が30名以上であること。(特別支援学校については人数条件の設定なし)
  • 市内の宿泊施設に1泊以上宿泊し、市内有料観光施設等を1施設以上利用すること。
  • 上記の規定にかかわらず、同一若しくは一部が重複する事業計画で、他の地方自治体または団体等から補助金、助成金、その他資金援助を受けていないこと。
助成金額
予算の範囲内において、児童・生徒一人あたり1,000円とし、これに児童・生徒数を乗じたものとします。なお、一催行につき、横浜市内の宿泊施設に1泊した場合は10万円、2泊以上連泊した場合は20万円を上限とします。
  • (例)【パターン①】生徒50人が横浜市内の宿泊施設に1泊した場合
    50人×1,000円=5万円を助成します。
    【パターン②】生徒150人が横浜市内の宿泊施設に1泊した場合
    150人×1,000円=15万円となりますが、上限を超えるため、助成額は10万円となります。
    【パターン③】生徒80人が横浜市内の宿泊施設に2泊した場合
    80人×1,000円×2泊=16万円を助成します。
    【パターン④】生徒120人が横浜市内の宿泊施設に2泊した場合
    120人×1,000円×2泊=24万円となりますが、上限を超えるため、助成額は20万円となります。
募集期間
令和3年4月1日(木)から令和4年3月1日(火)
  • ※申請は旅行実施の10日前までです。
    「教育旅行宿泊誘致促進事業助成金交付」に関する申請書類等は、メール受信をもって先着順に受け付けし、予算上限額に達し次第、終了いたします。

助成金交付要綱

2.令和3年度 日帰り教育旅行特別助成金

学校行事として行われる教育旅行に助成することにより、横浜市内の観光施設等への来訪を促進するとともに、児童・生徒のみなさんの横浜での思い出作りを応援します
なお、申請は先着順に受け付けいたします。定数に達し次第、終了いたします。
※助成金交付先は旅行会社となります。
※予算上限額に達し次第、終了いたします。

予算上限額に達したため、詳細については担当窓口までお問合せください。

対象
令和3年度内に小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校及び高等専門学校が学校行事として行う「日帰り教育旅行」。
条件
  • 令和3年度中に学校行事として行われる教育旅行であること。
  • 参加児童・生徒数が30名以上であること。
    (特別支援学校については人数条件の設定なし)
  • 横浜市内の有料施設等を利用すること。
  • 施設入館料、施設利用料、運賃(交通機関利用料、バス料金等)等を合計し、参加児童・生徒一人あたりの旅行代金が1,000円(税込)以上となること。
  • 上記の規定にかかわらず、同一若しくは一部が重複する事業計画で、他の地方自治体または団体等から補助金、助成金、その他資金援助を受けていないこと。
    (県民割やGotoキャンペーン等お客様へ還元する助成金との併用は可とする。)
※旅行実施の10日前までに申請していただきます。
助成金額
予算の範囲内において、児童・生徒一人あたり500円、1催行あたり100,000円を上限とします。
募集期間
令和3年6月1日(火)から令和4年2月28日(月)
  • 予算上限額に達し次第、終了いたします。

助成金交付要綱

申請・完了書類の提出先

公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
事業部 教育旅行担当 行
TEL 045-221-2111
E-mail:<こちら>

ページトップへ