横浜観光コンベンション・ビューロー
公式サイト

Menu

閉じる

横浜観光コンベンション・ビューロー

財団について

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー(YCVB)は、横浜市及び神奈川県を中心とする産業・技術等の情報資源や歴史的・文化的資源を活用し、国内外からの観光客の 誘致・コンベンションの誘致および開催支援等を行うことにより、横浜市及びその周辺地域における観光・コンベンションの振興を図ることを目的に設立されました。
観光・コンベンションのさらなる充実と発展を通じ、国際交流の促進、地域の国際化・活性化に貢献していきたいと考えています。

事業概要

公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューローでは、「国内外からの来訪者誘客」「MICEの誘致・支援」「観光・MICE都市横浜のマーケティング」「観光案内・来訪者へのおもてなし」の各事業を推進しています。

1. 国内外からの来訪者誘客

賛助会員をはじめとする観光関連事業者や県内他都市関係者と連携し、国内からの観光客誘致に取り組んでいます。特に修学旅行の誘致や横浜の魅力を活用した体験地型メニュー開発を進めています。また、≪国際交流人口≫増加のため、特にアジアからの誘客に取り組んでいます。横浜の観光地としての魅力を伝え認知度を高める事業として、来訪者向けのプロモーションの他、ターゲット国の旅行会社や航空会社との連携を強化し、商品造成などの企画提案を行ないます。

2. MICEの誘致・支援

中大型国際コンベンションを中心としたMICEの誘致に向けて、関係団体や国内外キーパーソンとのネットワークの構築及び強化、市内事業者と協同した海外インセンティブ誘致のほか、開催を円滑にするための支援プログラムの充実を図っています。都市全体での競争力を高めるため、市内各エリアが取り組む「地域MICE」の振興を支援します。

3. 観光・MICE都市「横浜」のマーケティング・広報

横浜の観光・MICEを推進するために、ターゲット層を特定し国内外誘客における戦略・戦術を構築します。また、来訪者の増加を目指し、特にウェブサイトを中心とした情報発信やSNSの活用により、新たな顧客層の拡大に取り組みます。

4. 来訪者支援;滞在しやすい環境づくり

観光やコンベンションなどさまざまな目的で横浜を訪れる方の滞在を快適にするため、丁寧かつ適切な観光案内に取り組みます。民間事業者、市民団体など、市内の事業者の方々の活動を支援し、おもてなしの心の醸成を促進しています。

財団概要

名称
公益財団法人 横浜観光コンベンション・ビューロー
理事長
布留川 信行
職員数
35名
基本財産
10億円
履歴
昭和36年2月16日
社団法人横浜市観光協会設立
昭和61年7月23日
社団法人横浜国際観光協会に改称
昭和63年11月22日
財団法人横浜コンベンション・ビューロー設立
平成10年4月1日
財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
(横浜国際観光協会と横浜コンベンション・ビューローが統合)
平成23年11月1日
公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローに移行
所在地
横浜市中区山下町2 産業貿易センター1F
TEL
045-221-2111(代)
FAX
045-221-2100
ページトップに戻る