横浜観光コンベンション・ビューローでは、国際会議誘致をお手伝いしています。

横浜市大型国際コンベンション誘致助成金

横浜市は市内で開催される国際会議について、最高で1,000万円の助成金を交付します。 対象は市が誘致段階から関わり、市内で初めての開催となる国際会議です。 助成の適否及び金額については、内容や開催規模等を審査し決定します。

対象

横浜市が誘致活動を行った結果、市内で初めて開催される国際コンベンション※のうち、次の要件及び開催規模を満たすものを対象とします。
なお、誘致活動とは、「市長招請文の発出」を指します。また、市内で初めて開催されるとは、コンベンション開催予定年度より過去5年間、本市で同一コンベンションの開催がないものを指します。

  • ※全てを満たすもの

    • 1. 参加者(登録者)数:1,000人以上
    • 2. 外国人参加者(登録者)数:300人以上
      (1、2については国際会議に併催された展示会等への参加者数は含めません。)
    • 3. 参加国数:5カ国以上 ※日本を含む
    • 4. 開催日数:3日以上
  • ただし、次のものは対象外とします。

    • 1. 国または地方公共団体が主催するもの
    • 2. 本制度とは別に横浜市から助成金の交付を受けるもの
    • 3. 政治的、宗教的または営利的な目的をもつもの
    • 4. 公の秩序、又は善良な風俗を乱す恐れがあると認められるもの
    • 5. その他交付要綱で対象外としているもの

申請方法

詳しくは、横浜観光コンベンション・ビューローまでお問い合わせください。

お問い合わせ

国際会議特別支援メニュー

中・大型国際コンベンション

参加者数300名以上(うち海外参加者数50名以上)の国際コンベンションについては、立候補の段階からご支援します。

英文プロポーザル(提案書)・プレゼンテーション資料の作成
国際本部へ提出する英文プロポーザル(提案書)や開催地選定のためのプレゼンテーション資料の作成のお手伝いをします。
海外主催者の視察調整・滞在経費一部負担
国際本部のキーパーソンによる横浜視察に伴う各施設との調整及び、滞在経費の一部(市内宿泊費など)を横浜観光コンベンション・ビューローが負担します。

すべてのコンベンション

横浜で開催されるすべてのコンベンションに対し、下記のようなご支援をします。

各種資料・情報のご提供
市内の主要な会議施設及び宿泊施設を掲載した冊子「横浜コンベンションプランナーズガイド」をご提供します。
また、横浜を海外で広報するための印刷物やポスター、横浜紹介動画やギブアウェイをご提供します。
コンベンション関連施設・企業のご紹介
ユニークかつ横浜らしいレセプションが開催できる会場や、宿泊施設、コンベンション関連企業のご紹介など、必要な情報をご提供します。また、先行予約のお手伝いをします。
アトラクションのご紹介
横浜ならではのユニークな演出として、レセプションを盛り上げるアトラクションの数々をご紹介します。