What's new

専門学校の学生が新しいアイデアで時代を拓く!「IWASAKI IDEA CONVENTION」が開催されました

「IWASAKI IDEA CONVENTION」が2022年3月4日(金)に横浜ランドマークホールにて開催されました。

こちらは、学校法人岩崎学園が展開する7校の専門学校の学生のアイデアを発信する場です。医療、教育からテクノロジーまであらゆる分野を各専門学校で学ぶ学生が、専門学校の垣根を超えてチームを作り、新たなアイデアや取り組みを発表しました。

当日は、予選審査会を通過した5チームの学生を中心に会場には約180人、ライブ配信は7,000人を超える視聴者が視聴参加しました。

横浜市に拠点を構える学校だからこそ地域貢献、地元密着で開催

「IWASAKI IDEA CONVENTION」は、同学園が2015年に「教育成果発表会」として校内での学生の発表機会として実施したのが始まりで、同学園が運営する学校が横浜市内に拠点を構えていることもあり、神奈川県民ホールやパシフィコ横浜国立大ホールなど、横浜市内の会場を利用して開催してきました。

2021年から「IWASAKI IDEA CONVENTION」とリニューアルし、更に今回からは学校間のコラボレーションを必須にすることで学生の自由な発想を、学生同士で伸ばしながらアイデアを事業化し、社会貢献をするきっかけの場として現在に至ります。

会場内は海外のスピーチスタジオのような非日常空間で、発表チームは審査員や視聴者の前でプレゼンテーションを行います。発表チームの中には、横浜市内の企業や団体と協働した取り組みもあり、地元の課題解決と向き合った取り組みも発表されました。

多くの学生チームが集まる会場、密を防ぐ取り組みも確実に実施

当日会場となった横浜ランドマークホールは、スタンディングのライブ会場やイベントホールとしても使用が可能なフルフラットのホールです。

会場内に全員が集合することを控え、発表時には審査員と発表チーム、運営スタッフのみが入りました。

参加チームの学生たちの控室は、個室での用意はせずにホールのホワイエ部分に幕を張ってチームごとの間仕切りとし、開放的な空間を意識しました。

[後記]

「IWASAKI IDEA CONVENTION」は、横浜観光コンベンション・ビューローが「安全・安心な横浜MICE開催支援助成金」制度を活用し、開催支援を行いました。

主催者がウィズコロナでの催事開催にあたり発生する感染症対策に伴った新たな課題や負担に対して当財団では、この助成金を活用いただき、横浜での各種団体の催事の開催を安心して行えるようさまざまな支援を行っております。

催事名称:学校法人岩崎学園 IWASAKI IDEA CONVENTION

会期:2022年3月4日(金)

場所:横浜ランドマークホール

主催者名:学校法人岩崎学園

更新日時:03月31日10時23分