What's new

連節バス「BAYSIDE BLUE(ベイサイド・ブルー)」が2020年7月23日に運航開始しました。

横浜市交通局は7月23日から、大型路線ハイブリッド連節バス路線「BAYSIDE BLUE(ベイサイドブルー)」の運行を開始しました。日野自動車がいすゞ自動車との共同開発により誕生した、国産初の連節バスとなります。全長約18メートル、定員数113人、バリアフリー対応も完備。運賃は大人220円、小児110円で各種1日乗車券も利用可能です。横浜の空と海をイメージする青色のボディーカラーも印象的です。環境に配慮した新たな交通手段として横浜の臨港地区の利便性を高め、さらなる賑わいの創出に貢献します。 運行ルートは横浜駅の東口バスターミナルを起点とし、高島中央公園やパシフィコ横浜ノース、パシフィコ横浜、カップヌードルパーク・ハンマーヘッド入口、大さん橋、山下公園前、終点の山下ふ頭までを運行。上りは山下町や中華街入口、赤レンガ倉庫前などに停車しながら横浜駅改札口前に向かいます。 <運行開始日> 2020年7月23日(木・祝) <運行ルート> 横浜駅前(東口バスターミナル)~山下ふ頭 <運行距離> 下り 5.95km 上り 6.45km <運行時間帯> 10:00~19:00時台(概ね2便/時) ※運行ダイヤ画像参照 <停留所数> 下り 8か所 上り 8か所 <所要時間> 下り 34~39分 上り 37~42分

URL https://www.city.yokohama.lg.jp/kotsu/tanoshimou/kanko/baysideblue.html

更新日時:08月12日11時14分